ダイアリー

いま世界で最も売れているジャズ・ヴォーカリスト、グレゴリー・ポーターが新曲「リヴァイヴァル」をリリース&MVを解禁。新アルバム『オール・ライズ』のリリースも発表


(C)AMISIOUX



グラミー賞を2度受賞するなど、いま世界で最も売れているジャズ・ヴォーカリスト、グレゴリー・ポーターが新曲「リヴァイヴァル」を本日リリースし、MVも公開された。また、4月17日には通算6枚目のスタジオ・アルバム『オール・ライズ』を世界同時リリースすると発表した。


「リヴァイヴァル」Music Video YouTube




グレゴリー・ポーターは、この新曲について「これはストレートなゴスペル。 これは私が教会で聴いた音楽です。 誰かが聖霊を捕まえたとき、これがビートでした」とコメント。また、アルバムのプロデューサーであるトロイ・ミラー(ローラ・マヴーラ、ジェイミー・カラム、エミリー・サンデー)との共作曲であることに関して、「トロイは音楽におけるメッセージの重要性を知っていますが、私たち二人が歌詞に同意したメッセージは、私が信じているものであり、精神とエネルギーの更新です。 それは天国と地上の両方における話です。 あなたはリヴァイヴァルとリニューアルを理解するために信者である必要はありません。また最初からやり直せばいいのです。 私にとって、それはこの人生に足を踏み入れて、恐怖と自信喪失を持った中、自分が本物だとわかる何か、真実をつかむというメッセージです。 真実をつかむことができれば、この大胆不敵さがもたらされます。」とも語っている。

本楽曲は4月17日に世界同時リリースされる通算6枚目のスタジオ・アルバム『オール・ライズ』に収録される。『オール・ライズ』は2017年にリリースされた前作ナット・キング・コールのトリビュート作品『ナット・キング・コール&ミー』から3年ぶりとなる作品だが、オリジナル・アルバムとしては『希望へのアレイ』以来4年ぶりの待望作。ー日常の哲学、現実の人生のディテールを吹き込んだ心の内を表現した歌詞に ジャズ、ソウル、ブルース、ゴスペルを融合させた素晴らしい楽曲の数々に彩られており、本作品は、ポーターの芸術がこれまで以上に強調され、感情的で、親密で、普遍的なものへと進化したことも表すものとなっている。


■作品情報
配信シングル「リヴァイヴァル」

好評配信中
https://jazz.lnk.to/GP_Revival


グレゴリー・ポーター『オール・ライズ』
Gregory Porter/ All Rise

2020年4月17日(金)世界同時発売
https://jazz.lnk.to/GP_ARPR


■グレゴリー・ポーターリンク
ユニバーサル ミュージック
https://www.universal-music.co.jp/gregory-porter/
本国公式サイト
https://www.gregoryporter.com/
Twitter
https://twitter.com/GregoryPorter
Facebook
https://www.facebook.com/gregoryportermusic
Instagram
https://www.instagram.com/gregoryportermusic/
YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/GregoryPorterVEVO